焚き火の達人

焚き火は奥深く魅力的です。焚き火のやり方、コツ、マナー、道具などを紹介します。

火口のいろいろ

火口とは

最初に火を燃え上がらせるためのものを「火口(ほくち)」と言います。

今回はこの火口になる燃えやすい物を紹介します。人口のものや天然ものまでいろいろとあります。

まだまだあるのですが、これくらいにしておきます。言ってしまえばライターや着火剤なんかがあれば、火口は必要なく細くした薪などに焚き付けできますが、キャンプ場や野外にてそれらがない場合にいろいろと知っておくと役立つかもしれません。あえて自然のものだけでやるのも面白いです。

上記に箇条書きしたもの中からもう少し詳しく解説していきます。

新聞紙・紙・ティッシュペーパー

火が付きやすいのは容易に想像がつく素材ですので説明はしなくて良いかもしれませんが、

麻紐

よってあるのを解いて、揉み込んでほぐしてフワフワの状態になると出来上がりです。紐として縛ることにも使うことが出来るので、キャンプギヤなどにくるっと巻いて置くといつか使える事があります。

乾燥した木

乾燥した木を薄く紙のようにスライスして使用します。 少し技術が必要になりますが手に入れやすい素材です。

 

樹皮

スギかシラカバ木が良いです。樹皮を細かく割いて手にとりひたすら揉みほぐして繊維状にしていきます。布にくるむと揉みほぐしがやりやすくなります。

ライブファイヤーギア

いろいろありますが私のおすすめは、断然ライブファイヤーギアです。笑

この商品は、着火剤なので準備が簡単です。ナイフか手で毛羽立ちをつくりファイヤースターターで火花を飛ばせばすぐに着火できます。水の中に落として浸水したとしても使用できますし、火力を調節したり消したりが容易に行えるのが魅力的です。

まとめ

いろいろある事を知っておいて、いろいろ試してみると焚き火ライフがより一層楽しくなります。